ぼやき掲示板

コメントする

RE:平成の事件史とマスメディア
投稿者:詐欺商法を知るお
池上彰氏の特番ですが、「懸賞金」をキーワードに列挙した国内犯罪に、リンゼイ・アンホーカー氏殺害・死体遺棄事件を取り上げましたが、ルーシー・ブラックマン氏への準強姦・猥褻致死・殺人死体遺棄事件は取り上げていませんでした。

彼女の母国イギリスでは、御両親や友人が「懸賞金」を掛け、御息女の無事を涙ながらに祈っていたのですがね。

当該事件は平成12年頃で、被告の織原こと金聖鐘=キム・スンジョンという通名の在日朝鮮人に対して無期懲役の判決が下されています。

然し、準強姦・猥褻致死・死体遺棄等の罪状には無罪判決が言い渡され、来日もされていた御両親は、関わりが疑い無いにも関わらず、織原こと金聖鐘=キムスンジョンに罪を償わせる事が出来ない現実に泣き崩れておられました。


日本の司法に無力感を隠さず、が然し、織原こと金聖鐘=キムスンジョン逮捕、十人余りの女性への強制猥褻等での間接的な法の制裁には、感謝を述べて下さっていたと記憶しております。

「娘の様な犠牲者を二度と出さないで欲しい」

其れが彼女の御両親と友人からの、日本へのメッセージとなったのですが、相変わらず在日外国人勢力は日本国内の芸能界や企業で隠蔽を繰り返している様です。
馬鹿な親を、お子さんを芸能界で売り出すと甘言で騙したり、芸能界やゲーム、自己顕示の塊であるSNS狂いの御馬鹿さん達から金を引き出したりと、多忙を極めているのでしょう。

マスメディアには無理な事でしょうけれど、経団連・商工会議所・経済同友会と各団体組織の青年部会の皆様も見て見ぬ振り等せず、年末年始の親睦催事を良い機会だと考え、少し位は自分達の愚かさを振り返ってみては如何でしょうか。


朝日新聞社・テレビ朝日的には、同胞の似非日本人の織原こと在日朝鮮人金聖鐘=キム・スンジョンの犯罪を取り上げるのは、マスメディアの倫理に反するの事なのでしょう。

ネットサイト上では一つの説として、共犯者・犯罪組織・特殊な性情動的嗜好の集団関与も疑われていました。

判決が下される迄の異常な報道縮小。犯人報道を消滅させた力学。マスメディアや政財官内部の在日朝鮮韓国・中国勢力の影。

背後に何が有るのか、飼い主の手を噛めば路頭に迷うであろう「ジャーナリスト」池上彰氏は、自らへの批判も一時的なものと世論を軽視しているのでしょう。印税収入等々、マスメディアへの露出のみで彼は口を拭っている訳では無いでしょうから。

人種・職業・LGBT・格差と、日本批判に使えると践めば、根拠無視の抉じ付けであろうと下劣な鉄面皮の正体を隠さない彼等が、こと水商売・風俗関係勤めの外国人である事を表向きの理由に報道自粛、ではなく「隠蔽」に手を染めた事は日本人の、マスメディアに対する不信を増幅しただけでした。

平成12年は、池上彰氏的には平成では無いのでしょう。

因みに、兵庫県尼崎連続殺人の主犯であった角田美代子と共犯者の李=在日朝鮮人である事も触れてはいけない事件、平成19年のペッパーランチ事件も、此は司法・マスメディア共に、平成の事件史から除外するつもりなのでしょう。


盲の「ジャーナリズム」盲の「正義」「法の統治」、でしょうか。

池上彰氏とマスメディア関係者諸氏に伺いたい。貴方のジャーナリズムに「誠実」の二文字は有りますか?

司法関係者と政財界の皆様にも伺いたい。貴殿方の理想の国家と国民像に、真の「人道」は有るのでしょうか?
名前(ハンドルネーム、必須):
メールアドレス:
(必須):
本文(必須):

本文の改行はそのまま生かされます。文章が長い場合は、適当な場所で改行してください。タグは使用できません。